妊娠線の予防は食事による体重コントロール管理も大事

妊娠線の予防は食事による体重コントロール管理も大事

妊娠線の予防を考えたとき、クリームを塗ったりすることだけが予防ということではありません。

 

急激な体重増加が妊娠線が出来る原因で最も多いとされているのですが、
大きくなるお腹は仕方ないとして、余計な脂肪を付けないという配慮が必要になってきます。

 

 

妊娠中は運動量が劇的に減るのに加え、赤ちゃんの為に栄養をたっぷり摂ってあげたいと考えますよね。

 

ですが、体を動かすのが辛くなったりして出来合いのものやデリバリーやインスタント食品などを多く摂りがちになってしまいます。

 

 

もちろんたくさん食べられるというのは大事なことですが、そこで気を付けたいのが栄養のバランスですよね。

 

低糖質・低脂質、高タンパクで食物繊維をたっぷりとというようなバランスの取れた食事習慣を心がけないと、余計な脂肪を蓄えてしまい、その結果お腹が大きくなると共に脂肪も増え、妊娠線が出来やすくなってしまいます。そういったことにならないように血液検査も定期的にありますけどね。

 

 

ですのでしっかりと、自分の体重コントロールに気を遣い、数日や数ヶ月ごとに検診に行った時に
「自然な妊婦の体重の増え方」になっているか検診時に聞いてみるのもいいでしょうね。

 

 

妊娠線はクリームなどで直接予防する方法と共に、こういった食事に関しても気をつけることで、妊娠線リスクを減らすことができるしょう。

 

▼塗ってケアできる妊娠線予防クリームの感想などについては下記をタップして確認してください▼

実際にベルタマザークリームを妊婦である私が使っています♪