妊娠線はいつ頃からできる?予防はいつから始めればよい?

先輩ママさんのアンケートから「いつ頃」から出来た?妊娠線

妊娠線ができるピークは後期に入ってからと言われます。

 

下の数字の割合は、すでにお子さんをお生みになった先輩ママのアンケートデータからなんですが、

 

  • 一番多いのが臨月になってからが49%
  • 産後にできたが20%
  • 7ヶ月くらいにできたが10%
  • あと、6ヶ月、8ヶ月、9ヶ月が各6%

 

というようになっており、後半にグッと妊娠線が出来てしまうというデータがあります。これは第一子のときにこの傾向が強いらしく後期に妊娠線ができるとされています。

 

 

また、多児の方や二人目三人目の方は、5ヶ月くらいからと早めにできてしまう人が多いようです。

 

特にお腹が大きくなってくる後期に妊娠線ができるのは自然といえば自然です。
ですので、妊娠中期でまだ何ともない人は油断せずに、早めのケアを始めましょう。

 

一旦亀裂が入ると一気に広がってしまう妊娠線、そうならない為にも、そして程度を抑えるためにも「まだケアしなくて大丈夫」じゃなくて気付いたらケアを始めましょう。

 

 

 

また気をつけたいのはお腹だけではありません。

 

■胸
乳腺が発達して外側に広がっていくように大きくなるバスト、重力によって胸の外側から上にかけて放射線状に広がるケースがあるようです。
とくに胸の下あたりは肉眼で見えないのでよーく鏡でチェック!そしてこの部分もケアしてあげましょう。

 

■お尻や太もも
お腹はしっかりケアしていても、見逃しがちなのがこのお尻や太もも。
赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤もグッと広がり、それに伴いお尻の横側に肉がついてきます。
このお尻と太ももの境目も妊娠線が出来やすい場所なので、鏡などでチェックしてケアも怠らずに!

 

 

 

妊娠後期は今までにないお腹のハリなどを感じる時期、それに伴い体の変化も大きくなります。
その変化に耐えられるように、早めの妊娠線対策をクリームなどでしておきましょう!

 

もし今妊娠線が出来てしまっていても、もっと増えてしまう可能性大。それ以上にならないように途中からのケアもしっかりと!

 

 

シラノール誘導体配合の500円から始められる人気の妊娠線ケアクリーム

実際にベルタマザークリームを妊婦である私が使っています♪
▼使っている感想などは下記をタップして確認してくださいね▼
ベルタマザークリームを紹介